FC2ブログ

ヤタガン銃剣(実物・鞘はコスプレ)

ヤタガン銃剣の実物で、100年以上前のものです。フランス、イギリス、日本など各国で使用されました。刀身、柄、鍔は金属ですが、古いものなので、サビ、キズ、時代のくすみなどがあります。刀身は硬い鉄製で、さびていて切れませんが、鋭利です。鞘は実物ではなく、コスプレ用に作られたものと思われます。全長は72.5㎝、刀身57㎝です。重さ850グラム。...

フランス十字軍テンプル騎士団ソード(レプリカ)

1096年から約200年間に渡って、西ヨーロッパのカトリック教会諸国が、聖地エレサレムをイスラム教諸国から奪回するために派遣した十字軍において、フランスなどのテンプル騎士団が使用した戦闘用のソード(西洋剣)です。実物ではなく、レプリカです。かなり重く、2.5キロあります。鍔、柄、刀身はすべて重厚で頑丈な金属製です。刀身は頑丈な金属製ですが切れません。磁石はくっつきません。鞘には造皮が巻いてあります...

フランス十字軍テンプル騎士団記念ソード

1096年から約200年間に渡って、西ヨーロッパのカトリック教会諸国が、聖地エレサレムをイスラム教諸国から奪回するために派遣した十字軍において、フランスなどのテンプル騎士団を記念して作られた記念ソード(西洋剣)です。外装の状態から古いものと思われます。金属製の鞘には、テンプル騎士団の十字軍遠征の騎士とエンブレムのようなものが刻印されています。鍔も柄も金属です。刀身は比較的きれいで、磁石はくっつきま...

ヤタガン銃剣(実物)

100年以上前のヤタガン銃剣です。フランス、イギリス、日本など世界各国で陸軍に採用されました。鞘、柄、鍔は全金属製で、刀身も鉄で当時のままのものです。全長71センチ、刀身57.5センチ、重さ1.1キロ。【ヤタガン銃剣】ヤタガンは、元々オスマン帝国(トルコ)の軍刀で、16~19世紀にオスマン帝国の軍人がサーベルとして帯刀していました。その後、19世紀中頃にフランスが銃剣として採用しました。けれども銃...