FC2ブログ

アメリカ南北戦争・北軍騎兵用サーベル(レプリカ)

アメリカの南北戦争で使用された北軍の騎兵用サーベルのレプリカです。製作はスペインのトレドです。鉄の町、トレドは、刀剣の生産で知られています。北軍の高級将校たちは、騎兵用サーベルに金メッキを施したり、装飾したりして愛用しました。鞘は銀色で磁石がくっつきます。刀身は金色のメッキが施されており、模様が刻印されています。刀身は磁石はくっつきません。3本のヒルト(鍔・護拳)は真鍮と思われます。全長92センチ...

アメリカ軍トレンチナイフ(レプリカ)

第一次世界大戦で使用されたアメリカ軍1918トレンチナイフのレプリカです。白兵戦で確実に使えるように、特徴的なナックルダスター状のフィンガーガードを組み込んでいます。鞘は鉄製です。グリップ(柄)は金属ですが磁石はくっつきません。刀身は頑丈な鉄製で、銃剣のように長く、Wエッジで、鋭利です。全長47.5センチ、刀身30センチ、重さ560グラム。【トレンチナイフ】トレンチナイフは、アメリカで第一次世界大...

アメリカ南北戦争・北軍士官用サーベル(レプリカ)

アメリカの南北戦争(1861年~1865年)で使用された北軍の士官用サーベルのレプリカです。北軍は「US」(連邦軍)、南軍は「CS]または「CSA](南部連合軍)の文字がサーベルに刻印されています。このサーベルには「US」が刻印されています。刀身に花柄模様が入っているのも特徴です。アメリカ陸軍は1850年に歩兵将校用サーベルを制定しましたが、フランスの1845年型歩兵将校用サーベルをほぼ完全に模倣して製作し...