FC2ブログ

清王朝・青龍刀(実物・短寸)

中国の清王朝時代の青龍刀の実物です。長さが短くて小さい刀(短寸)です。鞘(ケース)はありません。120年以上前の古いものです。刀身は当時のままで頑丈な鉄製で、背の厚さは最大5ミリあります。刀身は錆びていますが、薄い錆びです。血抜きの二本線が入っています。刃は錆びていて切れませんが、鋭利です。全長83センチ、刀身57センチ、刀身の最大幅6.9センチ、最小幅4.3センチ。重さ1.05kg。...

清王朝・青龍刀(実物・刻銘)

中国の清王朝時代の青龍刀の実物です。120年以上の古いものです。刀身には刻銘がありますが、詳細は不明です。この青龍刀は刀身の幅が大きいのが特徴です。また、背の厚さは最大5ミリあります。鉄製の刃は錆びていて切れませんが鋭利です。刀身には血抜きの線はありませんが、椿油等を塗って保存が必要です。全長83センチ、刀身57センチ、刀身の最大幅8.2センチ、最小幅4.5センチ、重さ1.42キロ。...

中国・清王朝の腰刀(実物)

中国・清王朝の腰刀の実物です。柄は硬い木製で、針金が巻いてあり、柄頭は金属で巻かれています。鍔は金属です。鞘は木製で一部金属が巻いてあり、色々な模様が彫られてデザインされ、玉石と貨幣が組み込まれています。貨幣は乾隆通寶です。乾隆通寶は清王朝の六代皇帝・乾隆帝の乾隆元年(1736年)に鋳造されました。清朝銭独特の記号のような満州文字がありますが、この文字で鋳造地が判るようになっています。刀身は硬い鉄...

清王朝・青龍刀(実物)

中国の清王朝時代の青龍刀の実物です。120年以上前の古いものです。刀身は当時のままの鉄製で錆びていますが、刀身の最大幅は7.5センチあり、その形状が迫力があります。レプリカは多数出回っていますが、実物は重厚で、かなり重く、使いこなすのは大変です。全長88センチ、刀身57センチ。重さ1.5キロ。...