FC2ブログ

石膏額絵「戦場風景」(戦前)

戦前の日本の額絵「戦場風景」で、古いものです。石膏で製作された額絵で、厚さがあり、重いです。日本帝国陸軍の兵士が機関銃と歩兵銃で敵と戦闘している戦場風景が独特のタッチで製作されています。立体的でリアルな緊迫感が伝わってきます。作者は不明ですが、石膏額なので、同じものはほとんど無いと思われます。横53センチ、縦42センチ、厚さ3~6センチ。重さ5キロ。【詳細説明】      ...

帝国陸軍・近衛歩兵第一連隊正門・彫金額

帝国陸軍・近衛歩兵第一連隊正門の額です。サイズは6号。時代は不明ですが、古いもので、額の金具等が錆びています。彫金で製作されています。作家は金工家・井尾敏雄(1908年~1994年)とのことですが、確認はとれていません。近衛歩兵第一連隊は、明治七年に帝国陸軍で最初に編成された歩兵連隊で、西郷隆盛が天皇と皇室をを警衛する「御親兵」として部隊を設置し、指揮官となりました。以後近衛師団隷下で終戦まで存続...

煙草入れ灰皿・金鵄勲章模様(戦前)

戦前の煙草入れ灰皿です。金鵄勲章の模様が入っています。材質は金属に金メッキが施されています。煙草入れは金メッキの金属製で、ふたには金鵄勲章のデザインが刻印されています。灰皿も金メッキの金属製で鳳凰が刻印されています。マッチ置きも金メッキの金属製で鳳凰が刻印されています。木製の硬いケースに入っています。ケースのサイズは横28.3センチ、縦13.75センチ、高さ6.3センチ。重さ1.1キロ(ケース込み...