FC2ブログ

東南アジアの狩猟短剣(黒角)

東南アジアの短剣ですが、フィリピン、タイ、インドネシア方面の外装の珍しい狩猟短剣です。時代は不明ですが、古いものです。鞘は堅木で造られており、鯉口は黒い角でできており、繊細な彫りが施され、大変凝った造りです。柄も角でできており、彫りが施されています。刀身は磁石がくっつき、.切れますが、ところどころさびがあります。刀身は頑丈な鉄製で、元重ねの幅は5ミリあります。 全長33センチ、刀身19.5センチ。重さ210グラム。

23kutu.jpg
25kutu.jpg
27kutu.jpg
28kutu.jpg
29kutu.jpg
31kutu.jpg
35kutu.jpg
スポンサーサイト