FC2ブログ

アンコール遺跡群・記念短剣

世界文化遺産に登録されている、カンボジア王国のアンコール遺跡群を記念して作られた短剣です。かなり古いものです。アンコール遺跡群は、クメール王朝(9~15世紀)時代の遺跡群で、アンコール・ワット、アンコール・トムなど40以上の遺跡があります。この記念短剣の柄は鹿の角です。鞘は硬い唐木製で、鉄板帯が巻かれ、銀象嵌仕様の模様が描かれています(埋め込みではありません)。刀身は鉄製で厚く頑丈です。刀身にはアンコール・ワット(ヒンドゥー教寺院)と守護神がスジ彫りされています。全長48センチ、刀身20.7センチ。重さ410グラム。 【詳細説明】

61anco.jpg
63anco.jpg
65anco.jpg
67anco.jpg
69anco.jpg
71anco.jpg
73anco.jpg
75anco.jpg
77anco.jpg
79anco.jpg
81anco.jpg
83anco.jpg
85anco.jpg
87anco.jpg
89anco.jpg
93anco.jpg

スポンサーサイト