FC2ブログ

フランス十字軍テンプル騎士団ソード(レプリカ)

1096年から約200年間に渡って、西ヨーロッパのカトリック教会諸国が、聖地エレサレムをイスラム教諸国から奪回するために派遣した十字軍において、フランスなどのテンプル騎士団が使用した戦闘用のソード(西洋剣)です。実物ではなく、レプリカです。かなり重く、2.5キロあります。鍔、柄、刀身はすべて重厚で頑丈な金属製です。刀身は頑丈な金属製ですが切れません。磁石はくっつきません。鞘には造皮が巻いてあります。全長112センチ、刀身86センチ、重さ2.5キロ。

1xhujusoaa1.jpg
2xfujusoa1.jpg
3xhujusob1.jpg
4xhujusoj1.jpg
5xhujusog1.jpg
6xhujusof1.jpg
7xhujusoh1.jpg
8xhujusoc1.jpg
9xhujusoe1.jpg
スポンサーサイト