FC2ブログ

斎藤実海軍大将・首相・子爵・砲弾花瓶「至誠」

斎藤実海軍大将(首相・子爵)の砲弾花瓶で希少品です。大砲の弾で作られた鉄製の花瓶で、木製の箱付き。戦前の昭和9年のものです。表には「至誠」「甲戌冬」「皋水書」と書が刻まれており、烙印が刻印されています。裏には「堺工場増設記念 大阪金属工業株式会社」と刻まれています。表の書は斎藤実海軍大将によって書かれた書を刻んだものです。皋水書の「皋水(こうすい)」は斎藤実の雅号です。皋水記念図書館や斎藤実記念館でもこの「皋水」が使われています。「甲戌冬」は昭和9年冬です。斎藤実大将は昭和11年の2.26事件で暗殺されましたので、この砲弾花瓶が作られたのは死去する2年前です。大阪金属工業株式会社は現在の「ダイキン」の前身の会社です。大阪の大(ダイ)と金属の金(キン)をとって「ダイキン」と新社名がつけられました。大阪金属工業株式会社は大正13年に創業されました。戦前は、内燃機関、精密機械、航空機部品などを製作していました。戦時中は伊号潜水艦の空調設備も作り、潜水艦の冷房装置は画期的で、南方の長期作戦行動を可能にしました。砲弾花瓶の高さ31センチ、直径9センチ(底)、重さ1.5キロ。

e0371248_22390568.jpg
e0371248_22391701.jpg
e0371248_22392924.jpg
e0371248_22393957.jpg
e0371248_22394690.jpg
e0371248_22395407.jpg
e0371248_22401148.jpg
e0371248_22403096.jpg
e0371248_22403963.jpg


スポンサーサイト