FC2ブログ

旧陸軍75ミリ砲弾(実物)

旧日本陸軍の砲弾で「95式」と呼ばれる75ミリの「破甲榴弾」です。中の火薬はありません。長さ34センチ、底部の直径7.5センチ。重さ6キロ。
<破甲榴弾>
「95式」と呼ばれる75ミリの「破甲榴弾」は「38式野砲」や「41式山砲」だけでなく「94式山砲」や「88式高射砲」でも発射可能。 「破甲榴弾」とは、レンガやコンクリート建造物、アスファルトなど、比較的吸収性があって頑丈なものを貫き、深く内側から爆破破壊する砲弾で、「徹甲弾」よりも爆薬の量が多くて破壊範囲が広い。弾頭はコンクリートを破る為に硬く鋭く、そして信管は弾底で浸徹した後に起爆。

3zhouda1 - コピー
5zhoudb1 - コピー
7zhoudc1 - コピー
9zhoudd1 - コピー
11zhoude1 - コピー
13zhoudf1 - コピー


スポンサーサイト