FC2ブログ

帝国陸軍・近衛歩兵第一連隊正門・彫金額

帝国陸軍・近衛歩兵第一連隊正門の額です。サイズは6号。時代は不明ですが、古いもので、額の金具等が錆びています。彫金で製作されています。作家は金工家・井尾敏雄(1908年~1994年)とのことですが、確認はとれていません。近衛歩兵第一連隊は、明治七年に帝国陸軍で最初に編成された歩兵連隊で、西郷隆盛が天皇と皇室をを警衛する「御親兵」として部隊を設置し、指揮官となりました。以後近衛師団隷下で終戦まで存続しました。額のサイズは、縦47.5センチ、横55.7センチ、厚さ5.5センチ。彫金作品のサイズは、横34.3センチ、縦25.8センチ。厚さ1.0~1.5センチ。

61konoigakua1.jpg
63konoigakuf1.jpg
65konoigakue1.jpg
67konoigakuj1.jpg
69konoigakuk1.jpg
71konoigakul1.jpg
73konoigakum1.jpg
75konoigakun1.jpg
77konoigakud1.jpg
79onoigakub1.jpg
スポンサーサイト