FC2ブログ

アメリカ軍トレンチナイフ(レプリカ)

第一次世界大戦で使用されたアメリカ軍1918トレンチナイフのレプリカです。白兵戦で確実に使えるように、特徴的なナックルダスター状のフィンガーガードを組み込んでいます。鞘は鉄製です。グリップ(柄)は金属ですが磁石はくっつきません。刀身は頑丈な鉄製で、銃剣のように長く、Wエッジで、鋭利です。全長47.5センチ、刀身30センチ、重さ560グラム。

【トレンチナイフ】
トレンチナイフは、アメリカで第一次世界大戦中に開発され、軍に配備されました。第一次世界大戦(1914年~1918年)で多発した白兵戦、劣悪な環境、特に塹壕のような狭い場所で戦う時にも確実に使えるようにできています。泥や血などで汚れていても、滑りにくいグリップとして、ナックルダスター状のフィンガーガードを組み込んでいます。ナックルガードは確実にナイフを保持できる上に、拳で殴りつける攻撃も可能にしています。第二次世界大戦では白兵戦は少なくなり、トレンチナイフは姿を消しました。

21tore.jpg
22tore.jpg
23tore.jpg
24tore.jpg
25tore.jpg
26tore.jpg
27tore.jpg
28tore.jpg
スポンサーサイト