FC2ブログ

中国・清王朝の腰刀(実物)

中国・清王朝の腰刀の実物です。柄は硬い木製で、針金が巻いてあり、柄頭は金属で巻かれています。鍔は金属です。鞘は木製で一部金属が巻いてあり、色々な模様が彫られてデザインされ、玉石と貨幣が組み込まれています。貨幣は乾隆通寶です。乾隆通寶は清王朝の六代皇帝・乾隆帝の乾隆元年(1736年)に鋳造されました。清朝銭独特の記号のような満州文字がありますが、この文字で鋳造地が判るようになっています。刀身は硬い鉄製ですが、先端がカットされています。全長75センチ、刀身41.3センチ、重さ880グラム。

11yout.jpg
12yout.jpg
13yout.jpg
14yout.jpg
15yout.jpg
16yout.jpg
23yout.jpg
17yout.jpg
18yout.jpg
19yout.jpg
20yout.jpg
21yout.jpg
22yout.jpg
スポンサーサイト