FC2ブログ

中国・毛沢東軍の青龍刀(実物・刻印)

中国の毛沢東軍の青龍刀の実物です。鞘(ケース)はありません。初期の共産党軍(紅軍)から日中戦争時代に戦った共産党軍の青龍刀で、1930年~1940年頃のものです。毛沢東が周恩来に代わって共産党軍の最高指導者に就任したのは1935年。以後、中国内戦で蒋介石の国民党軍、日本軍と戦い、終戦後は再び国民党軍と戦い、1949年11月蒋介石を台湾に追いやるまで、毛沢東は共産党軍を率いて戦いました。この青龍刀は、刀身の幅が最も大きく最大9センチあります。刀身に「1517」の刻印があります。刀身は当時のままの頑丈な鉄製で、鉛筆が削れます。全長72センチ、刀身51センチ、刀身の最大幅9.0センチ、最小幅6.1センチ、重さ1.16キロ。

1mou.jpg
2mou.jpg
3mou.jpg
4mou.jpg
5mou.jpg
6mou.jpg
7mou.jpg
8mou.jpg
9mou.jpg
10mou.jpg
スポンサーサイト